SAMPLE SITE

SAMPLE SITE

こんにちは。

橋本漆芸のよしです。

今回は、SNOW MIKU 2018に出品した商品と当時の様子をお伝えしていきます。SNOW MIKU 2018には、橋本漆芸は出展せずに、公式物販や販売各所で商品を取り扱いを行っていただきました。

SNOW MIKU 2018は橋本漆芸が手掛ける初音ミクグッズにとって、大きな分岐点になったと自分自身考えております。

SNOW MIKU 2018

 

 

 

2018年2月5日~12日までの8日間開催

「雪ミク」は、北海道を応援するキャラクターです。

2010年の『さっぽろ雪まつり』で "真っ白い「初音ミク」の雪像"を作ったことをきっかけに誕生し、それ以来「雪ミク」が主役のフェスティバル『SNOW MIKU』が毎年北海道で開催されています。

「雪ミク」に着せる衣装デザインは、毎年様々なテーマに沿ってインターネット上で広く募集しており、2018年は“北海道の雪をイメージした『どうぶつ』”がテーマとなっています。

今冬もクリエイターの皆さんとともに冬の北海道を応援しています。

(SNOW MIKU 2018公式HPから引用)

当時の橋本漆芸

 雪ミクスカイタウンで販売していただいた蒔絵しおりが、好評価だったこともあり、少しではありますが、職人さんのハードルが2mmほど下がったのではないかと思います。ただ、まだまだ認知しているとはいいがたいレベルではありましたが、、、

 この当時、橋本漆芸が御朱印帳を販売開始して間もないという事もあり、朱印帳を使ってオリジナルの商品を展開できないかと考えておりました。まだ、オリジナルを作ったことがなかったので、社長もノリノリで絵柄を作ってラメを入れたりと、かなりデザインに凝って作っていきました。結果として、名前は「蛇腹ノート」として発売したのですが、いい商品に仕上がったと思いますし、社内の評判も非常に高かったです。

商品の紹介

蛇腹ノート

旅の写真を貼ったり、思い出を書いたりと使い方は自由です。
ノートとは違う開き方で、一覧で見ることができるのも蛇腹ノートの魅力です。

ラメが雪のような表現になっており、きれいです。

蒔絵しおり

SNOW MIKU 2018が終わってから

 SNOW MIKU 2018で、初めて橋本漆芸として商品を作らせていただいたのですが、「蒔絵」とは何か、を伝えられていなかったと思いまいた。もっと良さを知ってもらいたいと思い、次は皆さんと直接会って販売をしたいと強く思いました。ただこの時は、どうやって口頭以外の方法で蒔絵を伝えるのかを思いつく事は出来ておりませんでした。

そして、時が少しだけ流れて、マジカルミライ2018の蒔絵体験ワークショップに行き着くこととなるのですが、ワークショップをやるにも、やりたいこととできることの調整が苦労しました。それは、また別の機会にさせていただきます。

最後に

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

よし

橋本漆芸

よし

趣味:食べる事・庭いじり(睡蓮・バラ・牡丹等)

〒642-0012
和歌山県海南市岡田569-1
E-mail:makie@makie.co.jp
Tel:073-482-7630
FAX:073-482-5723

検索

カテゴリー

グループ