SAMPLE SITE

SAMPLE SITE

こんにちは。

橋本漆芸のよしです。

今回は、各所でお取り扱いいただいている蒔絵御朱印帳について、どのような特徴があるのかを詳しく説明していきたいと思います。

御朱印帳とは

ものすごく簡単に言うと、御朱印とは、神社やお寺に参拝した際に、証として頂くことができる印のことです。詳しく話をしてしまうと長くなってしまうので、朱印の成り立ちについて、興味がある方は、google先生に聞いてみてください。

 

 ちなみに、私は、会社で朱印帳を販売し出す前から、ぴよさんと一緒に西国三十三所巡礼しており、一度、満願(結願)しております。現在は子供2人を連れながら、2巡目の旅に出ております。

サイズ

橋本漆芸で取り扱いしている朱印帳は2サイズです。

 ①110×160(小サイズ)

 ②120×180(大サイズ)

 公式オンラインショップで、販売させて頂いているのは、小サイズのみになっております。大サイズは別注で、ご注文をいただいた場合のみ、ご対応させていただいております。

お客様からの要望があれば、公式オンラインショップに載せることもできるかと思いますので、お問い合わせフォームからでも結構ですので、ご意見をいただけると幸いです。

表紙

表紙は樹脂製で、黒や赤などの色を塗った後に、蒔絵で絵を描いております。

『蒔絵』とは、ゆっくり乾く塗料が完全乾燥する前に、金属粉等を蒔き仕上げる漆工の一つです。表紙の絵は、職人が一つ一つ手作業で仕上げているため、微妙に仕上がりの違う、世界に一つだけの朱印帳です。

特徴的な深い黒

蒔絵朱印帳の黒の美しさの説明

塗り物の黒は、黒の深さが違うとよく言われます。
光沢のある艶感と深みのある黒は、塗り物の独特の美しさです。
カタログやモニター越しには、なかなか伝えることができないですが、実物を見ると良さがわかる色合いです

蒔絵の技法ならではの、立体的な表現

蒔絵朱印帳の蒔絵の立体感

金色の鶴は金の粉の蒔いて絵を完成させているため、金の部分が立体的になっております。
通常の印刷物では、見ることができない立体的な表現になっており、高級感を感じます。
また、同じ金ですが金箔とも一味違った、見た目と手触りに仕上がっております。

奉書

蒔絵朱印帳に使われている奉書

折山は12山 ⇒ よく販売されている山数と同じです。

奉書は海外での生産ではなく日本国内で生産している和紙です。国産の奉書ですので、使用感がよいとご評価いただいております。

取り扱い場所

 ・相槌神社様(大サイズ・朱印帳)

 ・熊本城(小サイズ・御城印帳)

 ・大阪城(小サイズ・蛇腹ノート)

 ・初音ミク SNOW MIKU 2018(小サイズ・蛇腹ノート)※現在販売終了

最後に

寺社仏閣・お遍路だけでなく、お城やキャラクター展開も可能です。また、鉄道で最近作られた鉄印帳としても、面白いのではないかと思います。

橋本漆芸は、デザインから生産まで一貫してやっておりますので、気軽にお問合せしていただければと思います。
アイデア出しを含めて相談していただけるとありがたいです。

よし

橋本漆芸

よし

趣味:食べる事・庭いじり(睡蓮・バラ・牡丹等)

〒642-0012
和歌山県海南市岡田569-1
E-mail:makie@makie.co.jp
Tel:073-482-7630
FAX:073-482-5723

検索

カテゴリー

グループ