ごあいさつ

この度は橋本漆芸HPをご覧頂き有難うございます。
漆器は数千年の歴史があります。北海道で見つかった最古の漆器は約9,000年も前に遡ります。縄文時代から漆器は日本で使われており、漆木の詳細なDNA分析の結果、日本の漆の木は日本の固有種であることが確認されています。 今でも英語で「Japan」と言えば漆器を指し示すほどです。日本の代表的な工芸品として漆器は長く、 海外でも日本でも親しまれてきました。 輪島塗などと共に日本の四大産地の一つである和歌山に当社は根を下ろし長年、製造を行ってきました。 当社の創業は江戸末期、会社としての登記は昭和47年です。 橋本漆芸では伝統的な工芸品として漆器を守るばかりではなく、自社で開発した特許申請や実用新案を 行っている最新技術、特殊印刷を用いて漆器の未来を切り開きます。
㈲橋本漆芸 代表取締役  橋本 洋二

Mission

『Maki-e PLUS』
蒔絵を通して、伝統工芸を身近にする。 創業江戸末期の橋本漆芸は、先代からの知恵を現代に伝えるため、 伝統に固執することなく、常に新しいモノに蒔絵を施すことで 伝統をハレの日に使うものだけではなく、日常使いできるものに していきます。

Vission

『日常に『Maki-e』という価値を加える。 世界中、どこでも誰でも、説明することなく使用ができるものに 『Maki-e』を施し、日本の伝統工芸を世界に発信する。

197109 第26回国民体育大会(黒潮国体)

第26回国民体育大会(黒潮国体) 先代社長が蒔絵実演



師匠

業務内容、連絡先他

看板
会社名
有限会社 橋本漆芸(はしもとしつげい)
創業
 江戸時代(嘉永年間)初代 当初は蒔絵職人として創業 
 明治期に入って二代目は京都にて修業 
設立
 昭和47年(1972年)有限会社 橋本漆芸として設立 
 現在は4代目
所在地
 〒642-0012
 和歌山県海南市岡田569-1
連絡先
 TEL:073-482-7630
 FAX:073-482-5723
 Mail:makie@makie.co.jp
 または 「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。
事業概要
 デジタルプリント技術による加工素材の製造及び販売
 木製漆器の製造及び販売
 室内装飾品の製造及び販売
 創作漆器の製造及び販売
 革フイルムシートの製造販売
主要取引先
 ・寺社仏閣関係
 ・百貨店関係
 ・小売店
取引銀行
 東京三菱UFJ銀行
 三井住友銀行
 紀陽銀行

LINK

橋本漆芸と関わりの深いワードについてご紹介いたします。

紀州漆器

紀州漆器

暮らしに息づく伝統美

全国三大産地の一つと言われています。
紀州木地師の素朴な椀と、高度な技術を持つ根来塗りが
一体となって紀州漆器が生まれました。

    詳しくはこちら
蒔絵

蒔絵

奈良時代に始ったとされる日本独自の伝統工芸

漆器の表面に漆で絵や文様、文字などを描き、それが乾かないうちに金や銀などの金属粉を「蒔く」ことで器面に定着させる技法。
うるわし館で絵付けを体験やってます。

    詳しくはこちら
伝統工芸

伝統的工芸品産業振興協会

伝統誇る手づくりの証

紀州漆器は、伝統的工芸品産業の振興に関する法律により
経済産業大臣が指定した伝統的工芸品です。
生産者が誇りと責任をもってお届けする製品です。

    詳しくはこちら